ほぼほぼ日記

聴いたもの観たものやったものなどを個人的に

Robert Plant "Bluebirds Over The Mountain" 和訳

Bluebirds over the mountain, seagulls over the sea
Bluebirds over the mountain, bring my baby back to me

青い鳥は山を越える カモメは海を渡る

青い鳥は山を越える 僕の愛しい人を連れて戻って

 

Boy and girl they fell in love, each was like the hands above
He looked in the eyes of blue, she vowed to him that she'd be true

少年と少女は恋に落ちた それぞれは手を上に上げたようだった

彼は青い瞳を見て 彼女は自身が真実だと彼に誓った

 

Bluebirds over the mountain, seagulls over the sea
Bluebirds over the mountain, bring my baby back to me

青い鳥は山を越える カモメは海を渡る

青い鳥は山を越える 僕の愛しい人を連れて戻って

 

(Well, well, well, well)

 

I miss you, oh, can't you see? You're the only one for me
Since you've gone, I'm all alone, c'mon, baby, come back home

僕は君が恋しい あぁ君は見えないのか? 君は僕にとって唯一の人だ

君が行ってしまってから 僕は孤独だ さぁおいでベイビー家に帰って来て

 

Bluebirds over the mountain, seagulls over the sea
Bluebirds over the mountain, come on and bring my baby back to me
Bring my baby back to me
Bring my baby...

青い鳥は山を越える カモメは海を渡る

青い鳥は山を越える 僕の愛しい人を連れて戻って

僕の愛しい人を連れて戻って

僕の愛しい人を連れて…

 

Bring her back to me
Bring her back to me
Bring her back to me

彼女を僕に連れて戻って

 


Robert Plant - Bluebirds Over the Mountain

 

<お詫び>

この曲はErsel Hickey氏の曲のカバーだと歌詞を書き終わって知りました。無知な私をどうか許してほしい

 

f:id:flyeye2ikasumi:20171021115105j:plain

 

言わずと知れたロックの帝王ロバートプラントの新アルバム"Carry Fire"からの一曲

 

前作”LULLABY AND... THE CEASELESS ROAR”の延長線上とも言えるアフリカ音楽に根差した音楽だが、前作よりもよりどっしりと腰が据えられて落ち着いた雰囲気を感じさせる作品になっている。どこまでも広がる大地で静かにだが強く炎が燃え盛っている、そんなイメージ。目を閉じると今まで見たことはないけど、どこか懐かしさを感じる、そんな風景が思い浮かぶ。人類の原風景みたいなものなのかもしれない。

 

それにしてもロバートプラントさん行くとこまで行ってしまった感はある。これが最後にならなきゃいいけど…。。。

 

以前、サマソニで来日した時のライブは今でも忘れられない。できる事ならもう一回生で見てみたいけど、、、無理かなぁ…。