読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼほぼ日記

聴いたもの観たものやったものなどを個人的に

Damien Rice "Delicate" 和訳

We might kiss when we are alone
When nobody's watching
We might take it home
We might make out when nobody's there
It's not that we're scared
It's just that it's delicate

僕たちは孤独な時にキスをするかもしれない

誰も見ていない時に

僕たちはそれを家に持ち帰るかもしれない

誰もいないときに僕たちは愛し合うかもしれない

僕たちは怖がりじゃなくて、ただ繊細なだけなんだ

 
So why'd you fill my sorrow
With the words you've borrowed
From the only place you've known
And why do you sing Hallelujah
If it means nothing to you
Why'd you sing with me at all?

じゃあなんで君は知っていた唯一の場所から借りてきた言葉で僕の悲しみを埋めようとするの?

そして、なぜ君はハレルヤを歌うの?

もし、それが君にとって意味がなかったら、どうして僕と一緒に歌ったの?


We might live like never before
When there's nothing to give
Well, how can we ask for more
We might make love in some sacred place
The look on your face is delicate

僕たちは 与えるものが何もない時、以前のようには生きていけないかもしれない

じゃあ、どうやってそれ以上を求められる?

僕たちは神聖な場所で愛を育むかもしれない

君の顔は繊細に見えるよ

 
So why'd you fill my sorrow
With the words you've borrowed
From the only place you've known
And why do you sing Hallelujah
If it means nothing to you
Why'd you sing with me at all?

それじゃあなんで君は知っていた唯一の場所から借りてきた言葉で僕の悲しみを埋めようとするの?

なぜ君はハレルヤを歌うの?

もし、それが君にとって意味がなかったら、どうして僕と一緒に歌ったの?

 

So why'd you fill my sorrow

With the words you've borrowed
From the only place you've known?
And why do you sing Hallelujah
If it means nothing to you?
Why'd you sing with me at all?

それじゃあなんで君は知っていた唯一の場所から借りてきた言葉で僕の悲しみを埋めようとするの?

なぜ君はハレルヤを歌うの?

もし、それが君にとって意味がなかったら、どうして僕と一緒に歌ったの?

 


Damien Rice - Delicate (Album O)

 

本日和訳してみたのはアイルランドのシンガーソングライターDamien Riceの"Dalicate"という曲です。

このアーティストとの出会いは今から4~5年程前だったと記憶しています。

当時(今でもなんですけど)、音楽の話題をよく共有していた友人S君が「あんまり人に教えたくはないんだけどさぁ…いいアーティスト見つけちゃったんだよね…」と唐突に教えてくれたのがこのDamien Riceでした。

正直「えっなにそのウザい感じは…」と引いてしまった自分がいましたが一聴してみて納得。これは自分の内だけでひっそり留めて、こっそりと聴いておきたいような音楽でした。S君今更だけどありがとう。

 

この"Delicate"にはしっとり、ずっしりと引き寄せられていく不思議な魅力があり、アルバムの世界観にどっぷり浸れることができます。クライマックスに向けて感傷的になっていくDamien Riceの歌には心揺さぶられること間違いなしです。

 

調べていて初めて知ったのですが6月に来日公演があるみたいですね。結構気になる。

では今回はこの辺で

 

 

 

 

 

 

 

Neutral Milk Hotel "Holland 1945" 和訳

The only girl I've ever loved
Was born with roses in her eyes
But then they buried her alive

僕が唯一愛した女の子はバラの瞳を持って生まれた

でもその後彼らが生きている彼女を葬ったんだ


One evening, 1945
With just her sister at her side
And only weeks before the guns
All came and rained on everyone

1945年のある夕方

彼女の側には姉しかいなかった

たった数週間前殺し屋がやってきて皆に銃弾を浴びせた


Now she's a little boy in Spain
Playing pianos filled with flames
On empty rings around the sun
All sing to say my dream has come

今、彼女は燃え上がるピアノを弾いているスペインの少年だ

太陽の周りの空っぽな輪に皆が夢が叶うと歌っているよ


But now we must pick up every piece
Of the life we used to love
Just to keep ourselves
At least enough to carry on

でも今、僕たちが愛した人生の全ての断片を集めなくちゃいけない

少なくとも自分自身を守り続けるためには十分だ


And now we ride the circus wheel
With your dark brother wrapped in white

そして今僕たちは白に覆われた黒い兄弟と大車輪に乗っている

 

Says it was good to be alive
But now he rides a comet's flame
And won't be coming back again

生きる事はいい事だって言うけれど、彼は彗星の炎に乗って二度と帰ってこないだろう

 

The Earth looks better from a star
That's right above from where you are

君がいるところより上にある星からは地球がよく見えるよ


He didn't mean to make you cry
With sparks that ring and bullets fly
On empty rings around your heart
The world just screams and falls apart

彼は僕を泣かせるつもりはなかったんだ

火花と弾丸が飛ぶ

君の心の周りの空っぽのリングで

世界は叫びバラバラになるよ

 

But now we must pick up every piece
Of the life we used to love
Just to keep ourselves
At least enough to carry on

でも今、僕たちが愛した人生の全ての断片を集めなくちゃいけない
少なくとも自分自身を守り続けるためには十分だ

 

And here's where your mother sleeps
And here is the room where your brothers were born

ここは君の母が眠る場所で、ここは君の兄弟が生まれた場所だ


Indentions in the sheets
Where their bodies once moved but don't move anymore

シーツの中の身体は一回動いたけど、それ以上は動かなかった


And it's so sad to see the world agree
That they'd rather see their faces fill with flies
All when I'd want to keep white roses in their eyes

世界がそれを認める事はとても悲しい

むしろ彼らの顔をハエが埋めつくすのを見ていたかった

僕は彼らの瞳の中の白いバラを守りたいんだ

 

 

 


Neutral Milk Hotel - Holland, 1945

少し前にApple Musicで音楽を聴いていたところオススメ欄に出てきて、それ以降ずーっとヘビロテしているバンドNeutral Milk HotelのHolland1945を訳してみました……が、なかなか難しくかなり拙くなってしまった印象…なにかいいアレンジが思いついたら手直ししたいです。

 

この曲が入っているアルバム"In the Aeroplane Over the Sea"は日本ではびっくりするほど知名度がありませんが、海外での評価はとても高くピッチフォークの90年代のベストアルバムランキングの4位にランクインしたりしています。

 

ローファイとポップがこのアルバムの基礎を構成しているものですが、そこにどこか異国を感じさせるホーンパートが加わる事によって無二の存在感を発揮しています。そして何よりメロディーの良さですね。同アルバムの"Two-Headed Boy"も必聴です。捨て曲のないアルバムだから全曲必聴なんだけども…笑

 

それにしてもApple Musicの「他のオススメ」欄は本当に侮れないですね。あの欄があったから知ったバンドも結構います。

 

 

 

 

 

 

 

Car Seat Headrest "Drunk Drivers/Killer Whales" 和訳

 

In the backseat of my heart
My love tells me I'm a mess
I couldn't get the car to start
I left my keys somewhere in the mess

僕の心は車のバックシートにある

愛を自身に伝えて混乱する

車を走らせることができなかったんだ

車のキーはどこかめちゃくちゃなところに置き忘れてしまった

 


It comes and goes in plateaus
One month later, I'm a fucking pro
My parents would be proud
Or fall asleep on the floor
Forget what happened in the morning
There are notes in your handwriting
But you can't make it out

停滞の中を行ったり来たりしている

1ヶ月後、僕はクソみたいなプロになった

僕の両親は誇りに思うだろう

もしくは床で眠りにつく

朝になると何が起きたか忘れている

君の手書きのメモがあるけど、理解できなかったよ

 

 

We are not a proud race
It's not a race at all
We're just trying
I'm only trying to get home

Drunk drivers, drunk drivers

僕たちは誇り高い人種じゃない
競争だけが全てじゃないよ
僕たちはただ試しているんだ
家に帰ろうとしているだけなんだ
酔っ払い運転


This is not a good thing
I don't mean to rationalize
Or try and explain it away
It's not okay
Drunk drivers, drunk drivers

それは良い事ではない

そういう意味で言ったんじゃないんだ

それかやってみて説明してみなよ 良いことではないんだ

酔っ払い運転

 

 

It's too late to articulate it
That empty feeling
You share the same fate as the people you hate

空っぽの感情をはっきりさせるには遅すぎたんだ 

君は君を嫌う人と同じ運命を分け合うんだ

 

You build yourself up against others' feelings
And it left you feeling empty as a car coasting downhill

他人の感情に逆らって自分自身を作り上げる

そして下り坂を走る車みたいに空っぽの心を残していく

 

I have become such a negative person
It was all just an act
It was all so easily stripped away

僕はこんなネガティヴな人間になってしまったよ 全てただの演技なんだ 全て簡単に取り除かれてしまった

 


But if we learn how to live like this
Maybe we can learn how to start again

Like a child who's never done wrong
Who hasn't taken that first step

だけど、もし僕たちがこんな生き方を学んだら
多分また再スタートする方法を学べるはずだ

最初の一歩を踏み出していない、間違いを犯したことのない子どもみたいに

 


We are not a proud race
It's not a race at all
We're just trying
I'm only trying to get home
Drunk drivers, drunk drivers

僕たちは誇り高い人種じゃない

競争だけが全てじゃないんだ

ただ試しているだけなんだ

家に帰ろうとしているだけなんだ

酔っ払い運転

Put it out of your mind

And perish the thought
There's no comfort in responsibility
Drunk drivers, drunk drivers

考えないようにして 考え事は消し去ろう

快適である責任はないよ 酔っ払い運転

 

It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this

そんなことする必要はないんだ
Killer whales, killer whales

シャチよ 
It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this

そんなことやらなくていいんだ
Killer whales, killer whales

シャチよ

 


Here's that voice in your head
Giving you shit again
But you know he loves you
And he doesn't mean to cause you pain

君の脳内の声がまた君を侮辱している

でも彼が君を愛していることを知っているだろう

彼は君を痛めつけるつもりで言っているんじゃないんだ


Please listen to him
It's not too late
Turn off the engine
Get out of the car
And start to walk

彼の言うことを聞いてくれ まだ手遅れじゃない

エンジンを切って 車から降りて 歩き始めるんだ

 


Drunk drivers
Drunk drivers
Drunk drivers
Drunk drivers

酔っ払い運転


It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this

そんなことする必要はないんだ

Killer whales, killer whales

シャチよ
It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this
It doesn't have to be like this

そんなことやらなくていいんだ
Killer whales, killer whales

シャチよ

 


Whales...
Whales... ah yeah yeah...
Whales... oh ho ho ho... oh oh

 

 

 


Car Seat Headrest - "Drunk Drivers/Killer Whales"

シアトルのアーティスト、ウィル・トレドによるバンドCar Seat Headrestのアルバム「Teens of Denial」の中核を担う曲「Drunk Drivers/Killer Whales」を訳してみました

 

やっぱり訳は難しいです…今後もちょくちょくやっていきたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

とある情弱の話

こんばんは

本当は更新したかったんだけどなんとなく放置してたらこんなに期間が空いてしまいました。

正直、僕の私生活は本当に薄いものなのでそんなに毎日書くようなこともないしそもそも読んでくれる人もそんなにいないから仕方ないっちゃ仕方ない。

 

 

 

今回はApple Musicの話。

もう世間ではすっかり一般化した(と思っているけど実際のところどうなの)音楽ストリーミングサービス。僕もApple Musicに毎月お金を落としています。

 

 

僕はApple Musicのことを「超巨大な有料試聴サイト」という風に捉えていて、面白いバンドや注目の若手が出てきたときにはまずApple Musicで聴いてみて良いと思ったらCDを買うといった使い方をしていました。

 

 

そもそも僕は音楽の聴き方に関しては老害(20代だけど)的なところがあるので音楽はちゃんと買って聴くべきだろ!っていう考えが強く根付いていました。それにApple Musicって聴くのに通信使うから外で使えないじゃーーんみたいなことを思ってたんだけど……

 

 

 

だけどさぁ…

 

 

 

この前友人とApple Musicの話をしていて僕がApple Musicは外で使えない云々と話していたら

 

 

友人「え?それって…

f:id:flyeye2ikasumi:20170111223319p:plain

 

 

ここの追加を押して

 

 

f:id:flyeye2ikasumi:20170111223509p:plain

 

 

この雲のアイコンタップすれば

 

 

f:id:flyeye2ikasumi:20170111223617p:plain

 

 

ダウンロードできるよね??」

 

 

……

…………

 

 

 

え?(;´Д`)

 

 

そう、Apple Musicはダウンロードすれば外にいても通信なしで聴けちゃうというトンデモなく便利な機能があったのだ!!!

 

 

 

……

…………

 

 

 

今更すぎィ!!!!

 

 

それを聞いた時にはもう僕の中ではApple Musicの見方が180°変わったというか、まさに青天の霹靂というかジェネレーションギャップ(?)というか… 

 

 

とにかく、もうAppleMusicはすごいですね。。もうCDいらないじゃん…

 

 

今日はこの辺で!あーテストやばいですほんとに死にそう

 

 

 

今日の一曲


Whitney Performs 'Golden Days'

 

来週の初来日ライブ行きます!楽しみ。

 

 

 

迷い

こんばんは。最近バイトがハイストレス環境すぎて逆に楽しくなっている今日この頃この先無事に生活できるかわかりません。

 

さて、、、

なんだか病んでいる人か意識が高い人がつけそうなタイトルですがその実たいしたことはない。今月なんのゲームソフトを買うかめーーーちゃくちゃ迷っています。

 

ズバリ、候補は二つです。「人喰いの大鷲トリコ」「ウォッチドッグス2」です。(FF15?あれはアプデで完成するまで待つのが吉でしょう…)

 

 

 

第一候補「人喰いの大鷲トリコ」

f:id:flyeye2ikasumi:20161215002758j:plain

ICO」「ワンダの巨像」の製作者である上田文人氏による最新作である人喰いの大鷲トリコ。

その制作期間実に7年。一時期は開発中止?みたいな噂も出て、「FFヴェルサス13」「仁王」とともに「トリコ先輩」とある意味揶揄されていたトリコがついに発売されましたね。

 

プレイ映像を少し見てみましたが長い制作期間も納得のクオリティになってるんじゃないかなと思います。トリコが本当に生きている動物のように振る舞う姿に思わず「おぉ…」と感動してしまいました。

 

個人的に動物は好きなのでストーリー展開によっては号泣不可避かもしれません。久しぶりに綺麗な涙を流してみたいもんだ。

 

 

 

第二候補「ウォッチドッグス2」

f:id:flyeye2ikasumi:20161215004112j:plain

オープンワールド×ハッキングという新しい組み合わせでヒットしたウォッチドッグスシリーズの最新作です。前作はプレイしたことがなかったのですが、今作はかなりGTA5に寄せたような雰囲気を感じますね。

 

某有名Youtuberのプレイ動画を見て今自分のなかで赤丸急上昇のタイトルです。ドローンを使って空を飛びまわったりカリフォルニアの街を探索するのが楽しそう!

 

最近はRPG系かBF1しかやってなかったのでこういうアドベンチャー系も久々にプレイしたいですね。

 

 

 

というわけで、僕は一体どっちを買うべきなんだ、、、いや最終的にはどっちも買う未来が見えているわけですがやっぱり旬ってのがあるじゃないですか。でもオンライン要素を考えたら今のところウォッチドッグス2って感じですかねぇ…

 

まぁそんな感じで、、、結構どうでもいい話でした。

おやすみなさい。

 

 

追伸:今日の一曲コーナー始めました。

 


JYOCHO『太陽と暮らしてきた』(Official Music Video)

 

 

 

 

 

 

 

 

アジカン熱、再来

こんばんは。

前回は初投稿だったので、なんとなーく適当に勢いに任せて書いてみたらなんだか気持ち悪い文章になっていました。いずれ消すと思います。

 

さて、ソルファのリメイク版(リライト版?笑)のリリースによって僕の中で再びアジカングググッと来ています。

 

そんでもってYouTubeにてアジカンの動画を漁っていたらこんな動画を発見しました。


アジカンライブ メキシコシティ(15年11月20日)

アジカンは2015年にヨーロッパと中南米をライブで回っていてそのライブ映像の一部になりますが、、、これ凄くないですか?

メキシコ人が遥か彼方シンガロングしてるんですよ?メキシコ人がアクセル踏み込んでるんですよ?

 

いやぁこれはメンバー嬉しいでしょうね。(なぜかこれを見たとき僕も勝手に嬉しくなっていました)アジカンもすごいけどやっぱNARUTOも人気あるんだなぁって実感しました。


Naruto Opening 2

 

 アジカンを知るきっかけになった曲っていったらやっぱり「遥か彼方」か「リライト」になるんですかね?僕も「遥か彼方」でしたが、、、でも初めて聴いたアルバムは「ワールドワールドワールド」でしたね確か。でも一番好きなアルバムは「ファンクラブ」だったりします笑

 

「Wonder Future」でラウドでエモーショナルなサウンドで新機軸を見せ、今回の「ソルファ2016」にて10年以上前(!)の自分たちの傑作に向き合ったアジカンの次の一手が早くも楽しみで仕方がありません!!

 

………まぁまだソルファ2016買えてないんだけね('A`)

 

給料入ったらすぐ買います…聴きこんだら紹介もするかも…

 

では